昭和こども園の今

2021/07/14レポート

みんなで食べるとたのしいね!

こども園の行事の一つであるすいか割りを行ないました。

ひまわり組にとっては初めてのすいか割り。

すいかの大きさに驚く子や興奮してジャンプする子など様々な姿が見られました。

 

それではすいか割りスタート!

 

スタート地点で保育教諭に

「いってらっしゃい」

と声を掛けられてから歩きはじめます。

 

「なんだか緊張しちゃうな~」

見ている子どもたちは懸命に「がんばれ!」と声を掛けます。

 

「それっ!」

「たたけたよ~」

少し曲がって惜しくも外れてしまい悔しがる声や、無事に叩けて喜ぶ声。

素敵な声がたくさん聞こえました。

 

保育教諭ももちろんすいか割りに参加します。

子どもたちは大きな声でどうしたらいいか、どの向きにしたらいいか伝えます。

 

「まっすぐ!」

「こっちこないで~!」

「みぎみぎ!」

「そこだよ!」という子どもたちの声を聞き、保育教諭もたたきましたが外れてしまいました。

残念!

たくさん声を出し、頑張ったあとはいよいよお待ちかねのすいかを食べる時間です。

食べてみると…

 

「甘くておいしい!」

「みんなで食べるとおいしいね」

にこにこ笑顔ですいかを食べることができました。

夏ならではのあそびをたのしみ、白熱する姿が見られました。

あそぶたのしさ、みんなで食べる喜びをこれからも様々な行事や、

毎日のあそびを通して伝えていきたいと思います。