昭和こども園の今

2021/07/08レポート

七夕制作

年少児ひまわり組の七夕制作は、夏らしい‘スイカ‘を作ることにしました。

七夕の由来を知ると、

「お願い事何にしようかな?」

「足が速くなりたいな…」

などと子どもたちで話をしていました。

先日給食でスイカが出た際、

「黒い種だけじゃなくて、茶色とか白い種もあるよ」

とよく観察しながら食べる姿も見られました。

 

そして、七夕制作がはじまりました!

ハサミで丸い形と半円の形を切り・・・

  

次に、切った紙をのりで付けます。

「透明になったかな?」

「ぬりぬり~♪」

などと言いながら楽しくのり付けしました。

  

そして、指絵の具でスイカの種を付けます。

夢中になって指で絵の具の感触を楽しんでいました♪

絵の具を使う際に手を洗う桶を用意しておくと、友だちと絵の具の色の変化を楽しむ姿も見られました。

他にも三角飾りや輪つなぎの飾りも作る子もいます。

  

 

みんなの願い事が叶いますように・・・・。