昭和こども園の今

2021/02/19レポート

絵本コーナー

子どもたちは絵本が大好きです。

楽しい絵本、静かな気持ちになる絵本、食べ物の絵本まで…。

物語の世界に入り込むこともあれば、

生き物の不思議さについて考えることもあります。

 

すきなあそびの時間になると、

“絵本コーナー”に子どもたちが集まってきます。

特にひまわり組は保育室が近いことから、

ほっとしたい時、友だちとゆったり過ごしたい時に足が向くようです。

絵本を読むときに座るやわからい椅子も、子どもたちのお気に入り。

また季節ごとに内容が変わる“English Bookコーナー”で

自然に英語に親しむ姿も見られます。

 

 

「この絵本、すきなんだよねぇ~」

「前に先生が読んでくれた時、笑っちゃったよね」と

友だちと思い出を振り返りながらお話の世界を楽しんでいます。

「これお家にあるから嬉しい!」と

お気に入りの本を読むことで安心することもあるようです。

 

 

時にはお医者さんごっこの中で“体の絵本”を見ながら診察したり、

先生の真似をして友だちに読み聞かせ、

そのまま“こども園ごっこ”に繋がることも。

また、「わたし、字が分からないから自分でお話考える!」と

絵本の絵を見て自分なりに物語を想像することもあります。

子どもたちの考えるお話はユーモアたっぷり。

聞いているだけでワクワクしてきます。

“読む”ことや“想像する”楽しさを、

絵本を通して日々感じています。

明日はどんな物語に出会い、

その世界を広げていくのでしょうか…?

 

「あなたはどこにいても魔法を見つけられます

くつろぐために必要なのは本だけです」