教育環境

学園中が、庭になる。

園舎は8万平方メートルの広大な敷地に広がる学園キャンパスの一角に、小学校と隣り合わせに建てられています。
充実した施設と緑豊かな環境の一つひとつが子どもたちの成長を支えています。

昭和こども園の施設

園庭

園庭は微妙な傾斜がついており、鬼ごっこなどで走ると自然に脚力が付く設計になっています。
また水はけのよい人工芝で、雨上がりもすぐに遊べます。

園庭 園庭

1階の園庭は、木の温もりを感じさせる3〜5歳児用の大規模遊具を設置。登ったり、渡ったり、飛んだり、跳ねたり、さまざまな遊び方ができます。

小学校側の園庭は、0〜2歳児と3〜5歳児が一緒に遊べるつくりに。
遊具はなく、子どもたちが工夫しながら遊びます。

くじらの見える港

乳児が安心して遊べる乳児専用園庭「くじらの見える港」。肌当たりが柔らかな土を使用するなど、安全性にきめ細かく配慮しています。

くじらの見える港 くじらの見える港

安全管理について

キャンパス全体で
安全確保に努めています。

校門脇の守衛室で24時間警備体制を敷いています。キャンパスへの立ち入りには身分証明書や入構証が必要です。校門以外からの侵入には巡回警備の他、防犯センサーやカメラ、パニックボタンなどで対応しています。

キャンパス全体で安全確保に努めています。
備蓄や避難訓練など
災害にも備えています。

地震などに備え、寝袋や食糧、水などさまざまな備蓄品を用意しています。また、毎月避難訓練を実施。いざというときも子どもたちの安全を確保できるよう準備しています。

備蓄や避難訓練など災害にも備えています。

キャンパスマップ

大学内の施設

自然豊かな泉や大きなプールなど充実した施設が成長をはぐくみます。
キャンパス全体が子どもたちにとっての庭となります。

大学内の施設
昭和之泉

四季を通じてさまざまな花を咲かせる泉。キャンパスにいながら自然と触れ合うことができます。

西体育館プール

3歳~5歳の子どもたちが思いきり水遊びを楽しみます。早いうちから水に親しむことで、小学校からの水泳の授業にもつなげていきます。

人見記念講堂

昭和女子大学の建学の精神を具現化する施設。様々なプロの演奏会や芸術活動が実施されています。

人見記念講堂
昭和小学校

附属小学校の運動会に園児が参加したり、クラブ活動で遊んでくれたりと小学生と触れ合う機会が多くあります。

昭和小学校